ニチレイの冷凍野菜で簡単クッキング

冷凍野菜はこんなに便利!あっという間のお手軽料理

冷凍庫に一袋常備されていると重宝します!

冷凍野菜のイメージって皆さんどんなものを思い浮かべますか?
水っぽい、おいしくない、外国のどうやって加工されたかわからない野菜が使用されている、などどちらかというとネガティブな印象を持つかたもいらっしゃるかもしれませんね。
ですが、そんなことはありません。ニチレイの冷凍野菜は国産のものを使用しているものが多く、栄養かも加工の過程で落ちないよう工夫されています。そもそもニチレイは冷凍食品を日本で初めて作った会社なんです。ということは、冷凍食品に関してニチレイはエキスパートと言えます。
冷凍野菜は単に野菜を冷凍しているだけのものではありません。すぐに食べることができる状態で、火にかけた状態、あるいは刻んだり揚げたりして冷凍しているんです。なのでそのまま解凍しても問題なく口にすることができたり、火にかけるのは短い時間でよかったりするんです。
ということは、生の野菜をいつも買ってそれを調理して…ということをしなくても、冷凍野菜を使用して夕食を作ることも可能なんです。
味付けなどを行いたい場合には凍ったままですと調理がしにくいので、レンジなどで解凍してから和え衣やおひたしにしたりすることができます。中には油で揚げたり、オーブントースターでじっくり焼くようなフライドポテトのような冷凍野菜もありますが、ニチレイの冷凍野菜は調理時間も短くすることができますし、とても便利なんですよ。
いくつかある冷凍野菜で、どんな料理を作ることができるのでしょうか?

冷凍野菜をうまく活用して、簡単におかずを作っちゃおう!

色々な野菜が入っているミックス野菜ですが、ニチレイの冷凍ミックス野菜は入っている野菜の数が多いんです。そのまま温めて温野菜としてサラダにしてもよし、肉や魚などと一緒に炒めてもよしの万能選手ですので、一袋ご家庭に常備しておくと、ボリューム満点の料理に早変わりします。

国産の野菜を使っているものがあるのもポイント高い!

冷凍食品というと外国産のものを使って、安い価格で販売しているというイメージがありませんか?ニチレイのそのまま使えるシリーズやフライドポテトは、国産野菜が使われているものもあるんですよ(すべてではありません)。産地が気になる方にはとてもうれしいですよね。

それぞれは小さな野菜でも、存在感は抜群!

料理のわき役として使われがちなミックスベジタブルやコーン。バターで炒めてお皿にちょこんと添えるのもいいのですが、せっかくですので、主役級の扱いとなるように料理をしてみませんか? サトイモや枝豆もひとつひとつは小さな野菜です。けれども揚げてみたり潰して丸めてみると、また違った料理が完成しますよ。